INFORMATION

GAKUONユニティ・フェイス

〒880-0805
宮崎県宮崎市橘通東3丁目 1番地11号アゲインビル2F

TEL:0985-20-7111

FAX:0985-29-2957

コブクロ

新商品

公演詳細

KOBUKURO LIVE TOUR 2019


2019年5月25日(土)AM 10:00~チケット一般発売


先行販売など詳しくはオフィシャルホームページへ


■コブクロオフィシャルサイト


http://kobukuro.com/



鹿児島公演


公演日 2019年 7月5日(金)・6日(土)


開場・開演 


2019年7月5日(金)17:45・18:30
2019年7月6日(土)15:15・16:00


会 場 鹿児島市民文化ホール 第一


席 種 全席指定 8,200円(税込)


備 考 ※6歳未満入場不可 


アーティスト情報

小渕健太郎は 1977 年 3 月 13 日生まれ。宮崎県出身。
黒田俊介は 1977 年 3 月 18 日生まれ。大阪府出身。

2人は、ストリートライブ活動を通じて出会い意気投合。1998年9月にコブクロを結成した。インディーズ時代から幅広い世代の支持を集め、2001 年 3 月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL〜エール/Bell」でメジャーデビュー。

2005 年 5 月、日本テレビ系ドラマ「瑠璃の島」の主題歌として発売された「ここにしか咲かない花」、同年 11 月に発売した「桜」が共に大ヒットを記録。年末の NHK 紅白歌合戦にも初出場を果たした。2006 年 9 月には、初のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」をリリースし、オリコン 4 週連続 1 位を獲得し、350 万枚を突破。

2007 年 3 月には、フジテレビ系ドラマ「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の主題歌「蕾(つぼみ)」がリリースされた。12月には、6 枚目のオリジナル・アルバム「5296」をリリース。「蕾(つぼみ)」が第 49 回日本レコード大賞を受賞。2010 年、初のカバーアルバム「ALL COVERS BEST」を 40 万枚限定で販売し、即完。
初のスタジアムライブ「KOBUKURO STADIUM LIVE 2010」を大阪の長居競技場、東京味の素スタジアム、宮崎の生目の杜(いきめのもり)運動公園多目的グラウンドで実施し、22 万人を動員。11 月にシングル「流星」発売。
5 年ぶりとなる学園祭も行う。2011 年 8 月末に休養を発表。

2012 年 7 月に復活宣言。9 月 5 日に「ALL SINGLES BEST 2」をリリースし、100 万枚を突破。
9 月 9 日には、大阪の万博公園にて 5 万人を動員してフリーライブを実施。2013 年 5 月より、2 年ぶりのツアー「KOBUKURO LIVETOUR 2013“One Song From Two Hearts”」を実施、7 月 20 日、21 日には、初のドーム公演となる京セラドーム大阪でのライ
ブを実施。12 月にアルバム「One Song From Two Hearts」リリース。

2014 年 NHK ソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」を 2 月にシングルリカットリリース。2015 年 12月、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。

2016 年 6 月 15 日発売の 2 年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が 25 万枚の大ヒット。

2017 年 5 月 24 日に映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の主題歌となるシングル「心」をリリース。7 月 8 日から、『アサヒもぎたてpresents KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心” 』 を実施し、25 万人を動員した。

2018年4月11日に、約1年ぶりとなるシングルを発売。9月8日の結成20周年を目前に、初の2人だけでの演奏となる、全国ツアーを5月26日静岡エコパアリーナを皮切りに、7都市14公演で開催した。

そして、2018年9月16日にはコブクロ結成20周年を記念して小渕健太郎の地元宮崎で野外ライブ「KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI @宮崎市生目の杜運動公園」を実施し約2万5000人を動員した。

INFORMATION

GAKUONユニティ・フェイス

〒880-0805
宮崎県宮崎市橘通東3丁目 1番地11号アゲインビル2F

TEL:0985-20-7111

FAX:0985-29-2957